― 地の底より生まれ出ずる命の律動 ―

東方地霊殿オンリー
マルチジャンル・アレンジアルバム


Rebirth


  それは 核よりはじまり、素材を猫が運び、
  主が“創造”する。

  鬼が鍛え、橋姫は言葉を注ぎ、
  破壊と再生を繰り返す。

  心の解放は強い意志となり、恋し、
そして...


  東方地霊殿Reverseを舞台に
  忌み嫌われた妖怪たちによって生み出される生命と
  その未来を紡ぐ、一枚。

2009年 8月15日 コミックマーケット76(2日目)
東-H43a『LunaticRide』
(委託)にて、初版頒布
イベント価格 \500

< 全曲クロスフェードデモ MP3>
[128kbps / 5分49秒]


 - Track List- 

1. D.N.A. [試聴MP3](128kbps)
 「霊知の太陽信仰 〜 Nuclear Fusion」他
 Arrange:銅螺子
2. RAPID BONFIRE [試聴MP3](128kbps)
 「死体旅行 〜 Be of good cheer!」他
 Arrange:銅螺子
3. 狂想の瞳 [試聴MP3](128kbps)
 「少女さとり 〜 3rd eye」
 Arrange:SHOCK.C
4. ABYSSRAViNE [試聴MP3](128kbps)
 「旧地獄街道を行く」
 Arrange:AOiRO_Manbow
5. 泥の心臓 [試聴MP3](128kbps)
 「渡る者の途絶えた橋」他
 Arrange:maki
6. 黒の律動 [試聴MP3](128kbps)
 「暗闇の風穴」他
 Arrange:銅螺子
7. OPEN YOUR EYE [試聴MP3](160kbps)
 「ラストリモート」
 Arrange:銅螺子
8. 恋の墓場 [試聴MP3](160kbps) / [歌詞]
 「ハルトマンの妖怪少女」
 Vocal:NAKI、歌詞:神方山 祈、Arrange:銅螺子
9. イトの無い夢の欠片 [試聴MP3](128kbps)
 「エネルギー黎明 〜 Future Dream...」他
  Arrange:銅螺子





■オリジナル楽曲 作曲者

    東方地霊殿 / ZUN 【上海アリス幻樂団】



■『Rebirth』作成スタッフ
    
編曲 :  銅螺子 【Karkan】 (Tr.1,2,6,7,8,9)
SHOCK.C 【SHOCK SOLEIL】 (Tr.3)
AOiRO_Manbow 【salvation by faith records】 (Tr.4)
maki 【aquaseeds】 (Tr.5)
ボーカル :  NAKI 【ないしょの音楽館】 (Tr.8)
作詞 :  神方山 祈 【ビキビキ天使の他力本願】 (Tr.8)
イラスト :  おうぎまこと 【LunaticRide
題字・デザイン協力 :  Souya
企画・製作 :  銅螺子 【Karkan




■ご挨拶

    創作の基本となるのは「何故そうなったか」と、もう一つ「IFの妄想」であると思っています。
    「もし地霊殿プレイヤーとして咲夜&レミリアが参戦していたら」「もしお燐が最初からお空の異常をさとり様に相談していたら」
    「もしステージ1〜6のボスの順番が真逆に入れ替わっていたら」。
    実行するかはともかく、これで3話分のネームが切れます。
    音楽の方が分かりやすいですよね。「もし尊敬するあのアーティストがこの曲を○○風にアレンジしたら」。
    このCDのテーマも、それを考えれば、特別な発想ではないと思います。
     
    「こういう楽曲を作りたい」の気持ちも勿論ありますが、それよりもむしろ
    「音楽を用いて何かを伝えたい」に向かっている方針・情熱・エゴのようなものが
    聴いて下さった方に届きそして理解して頂ければ、幸いです。
     
     
■アレンジについて

1: D.N.A.
    核・原始のイメージです。
    D.N.A.って複雑で神秘的なイメージがありますが、お空のキャラを考えると
    単純で騒がしすぎるくらいで丁度良いかと思いました。
     
2: RAPID BONFIRE
    魂と死体・その運搬のイメージです。
    スピード間溢れるユーロっぽくしたかったんですが、かねてよりやりたいと思っていた事を
    取り込んだら、よく分からない曲になりました。
    やはりお燐も動物故に、単純すぎるくらいで丁度良かったと思っています。
     
3: 狂想の瞳
    想起・創造のイメージです。
    最初の計画では工場系のBigBeatかMixtureでしたが、激しいロックに怪しさと妖しさが冴える
    このSHOCK.C氏のアレンジも大変素晴らしいと思います。
    地下の広大なお屋敷で一体何を創っているのだと不安がらせるくらいの方が、
    地霊殿の主らしいと考えるからです。
    なお、さとり様の能力の真価は "覚り"よりも"想起"にあるのではないかと個人的に思います。
     
4: ABYSSRAViNE
    肉体・力のイメージです。
    RPGのボス曲のようなプログレッシブを計画していましたが、「ボス系で」と青色氏に伝えたところ
    とんでもないボス曲になって出てきました。驚きこそしましたが、此方の方がむしろアリです。
    "獅子は我が子を千尋の谷に落とす"くらいの肉体・力の母を感じられるのではないでしょうか。
    鬼の勇儀ならそれくらいやってくれそうですし。
     
5: 泥の心臓
    歪んだ愛情・言語のイメージです。
    初めからmakiさんの作風を参考に作ろうと思っていたのを、玉砕覚悟で本人にゲスト曲依頼した結果がここにあります。
    makiさん独特の神秘的な空間と音響に魅了させられる事でしょう。
    ところで、この曲はRebirthのテーマとしては異端な位置にあたります。
    単純な生命維持活動において、感情や言葉というものは不要ですから。
     
6: 黒の律動
    病魔・抗体・治癒のイメージです。
    シンセ音源側がウイルス、弦楽器側が肉体だと思ってください。
    心身共々、外敵と共に強くなり健全を取り戻す様を表現してみました。
    どのような力でも、悪い事ばかりでは無いはずです。
     
7: OPEN YOUR EYE
    解放・開放のイメージです。
    「ラストリモート」を直訳したとき、リモートはゲーム中では妖怪のサポートの事だと思いますが、
    少々解釈を拡げて"束縛"や"制御"と捉え、それらをラストする(解き放たれる)ことを表現しました。
    タイトルの"EYE"は 古明地こいしのシンボルの暗喩ですから、単数形です。
     
8: 恋の墓場
    『こいし』のイメージです。
    ダジャレすれすれの言葉遊びです。孤意思、固意志、小石、請い死…どれをとっても美味しいテーマ材料ですが、
    一番特徴的な言葉は「恋死」ではないでしょうか。
    そういった妄想をすべて曝け出した上で作詞・ボーカルを依頼しました。
    神方山祈さんの歌詞はイメージにぴったりでしたし、NAKIさんの歌声は素晴らしく、良い曲になったと思います。

9: イトの無い夢の欠片
    8曲目で"死"を扱う結末は当初予定に無かったので、思い付きで安易に死なせてしまった事に対する
    私なりの贖罪のつもりです。



■店頭委託情報


とらのあな様

(委託販売開始⇒商品詳細直


ホワイトキャンバス様
(完売)



あきばお〜こく様
(完売)
(委託販売開始⇒商品詳細直



2009/08/15 当日スペースで購入いただいた方に、販促用のポスターをプレゼントとして無料で おつけいたします。
特典とするには数も少ない為、希望者のみということで、ポスター所望の声をかけて頂いた方から先着になりますが…。
イラストはジャケットイラストにもなっている古明地姉妹です。

 
[TOPに戻る]